競艇選手はレース前や合間の時間を使って、多数のイベントに参加しています。

選手と交流できる機会

 

競艇選手と交流したい場合は、開催期間中にボートレース場が開催するファンイベントに参加する方法がもっともベターです。
ほかのプロスポーツ選手は、試合の日にファンと交流することは少なく、シーズンオフなどにファン感謝デーや、子供向けの教室を開催するなどしてファンと交流をしています。

 

イケメン競艇選手や美人競艇選手が多いボートレースなので、気になる方はぜひ参加してみるといいでしょう。競艇は一年中開催しているのでオフシーズンという概念がなく、開催日が多いことから競艇選手は休みが少ないです。
そのため、開催期間中のレース前や合間の時間を使って、選手が参加するイベントを多数開催しています。

 

宮島競艇場の外観

 

トップ選手と交流したい場合は、重賞よりも通常開催日の前半の方がチャンスがあります。
決勝レースの日であれば、毎回早い時間に決勝出走者のインタビューイベントが開催されています。

 

トークショーやインタビューを聞くだけではなく、握手会やペアボートでの試乗、選手と一緒にボートレース場周辺のゴミ拾いをするなど、近い距離で触れ合える交流イベントも多数用意されています。
好きな選手がいる場合や、競艇選手に憧れている方は是非ボートレース場に足を運んで交流イベントに参加してください。

 

ボートレース場は基本的に100円の入場料で入って、様々なイベントに参加できます。
開催イベントは毎日異なるので、お近くのボートレース場の公式サイト等でご確認ください。

 

 

主なオフィシャルイベント

 

インタビュー&トークショー

ステージ等で選手が司会者の問いに受けごたえするもの。
レース後のインタビューのほか、レース前のインタビューも行っています。

 

握手会、サイン会

人気の高いトップ選手の握手会やサイン会を頻繁に開催。通常開催日に多い。

 

ペアボート試乗

2人乗り用のボートで競艇選手の運転でタンデム走行を体験。毎回早期定員になる大人気イベント

 

ゴミ拾い

ボートレース場周辺のゴミ拾いをファンと選手が共に行うイベント。地域振興を目的にしていますが、開催頻度は低いです。

 

出待ち、入待ちでアプローチする

 

基本的には、プレゼントを手渡ししたい場合に活用する手段です。
寛大な選手でタイミングが良ければ、レース終了後の出待ちで写真撮影、握手、サインなどに応じてもらえることがあります。
中身の濃い交流をしたいのでれば、最終日で翌日はレースのない日や、平常開催の前半を選ぶようにすると良いでしょう。

 

トップ選手は常に多くのファンから出待ちや入待ちを受けていますが、新人や2流、3流選手は熱心な追っかけをとても喜んでくれます。
過剰な期待はできませんが、連絡先を書いておくと返信してもらえることもあります。

 

ボートレース場の出入りのほかに、インタビューやトークショーなどボートレース場内のイベントでプレゼントを渡す方法もあります。
重賞のイベントでは人気選手がファンから受け取った花束を持ってイベント中にステージに立っていることもあります。
ただ、渡したいだけであれば、近くの警備スタッフに声をかけてみるとよいでしょう。
運が良ければ手渡しできるように調整してくれますし、警備員を通じて選手にプレゼントを渡せるケースもあります。

 

なお、ボートレース場内のイベントの出待ちや入待ちで、写真撮影、サインなどを求めるのはタブーとされていて、他の常連客から怒られることがるので注意しましょう。
プレゼントやファンレターを渡したいだけの場合は、選手が所属している支部へ郵送する方法もあります。